★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の吉岡里帆さんが8月22日、東京都内で行われた映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督、10月12日公開)の完成披露試写会に登場。映画で声が小さすぎるミュージシャンを演じた吉岡さんは、「口の中にカメラが入ってくるっていう撮影があった」と明かし、「(カメラを付けた)こん棒を持ったカメラマンが全速力で走ってきて、口を開けて待つっていう特殊な撮影が多くて……」と振り返った。吉岡さんのコメントを受け、三木監督は「女優さんの口にカメラを突っ込むっていう、頭のおかしい現場だった」と話し、会場を笑わせていた。
 
 イベントには、主演の阿部サダヲさん、千葉雄大さん、ふせえりさん、松尾スズキさんも出席。本作で三木監督と初タッグを組んだ阿部さんは「現場に溶け込めるかなって緊張していたら、初日に溺れて死にかけまして」と明かすと、三木監督は「大量の雨を降らせまして、阿部さんの顔が面白かったから、カットをかけなかった」とシチュエーションを説明。阿部さんは「口を開けろって言われたんで、ずっと開けていたら、降ってくるものに溺れるとは思わなくて」と苦笑いで振り返っていた。

 映画はドラマ「時効警察」シリーズなどを手がけた三木さんが脚本、監督を務めるコメディー。驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部さん)は、カリスマ的人気を誇っているが、実は歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだった。異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡さん)は、ひょんなことからシンの声帯ドーピングを知ってしまう。限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱えるシンの最後の歌声を巡って、2人は謎の組織から追われることになってしまう……という内容。

みんなの反応

  1. 松尾スズキさんは、動きがリハビリ中のおっさんみたい(笑)

タグ一覧

関連記事